×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夫 浮気

離婚する場合の慰謝料

浮気が原因で離婚することになった場合には、一般的に夫から慰謝料が支払われると思い込んでいるかもしれませんが、夫の浮気が原因で離婚をしたとしても、必ず慰謝料を払わなくてはいけないという法律は実際はありません。

 

そのことをあなたは知っていたでしょうか?離婚の慰謝料と聞くとなんとなく、離婚イコール慰謝料というイメージがありますが一般的にありますが、そもそも慰謝料というものがどのようなものなのか、はっきりと理解していない方も少なくないと思います。

 

慰謝料というのは、夫婦どちらかが相手に対して不法な行為を行って、その行為によって相手が精神的な苦痛を感じた場合に発生することになっています。簡単にいうと、精神的苦痛に対する損害賠償のようなものと考えてください

 

損害賠償ということなので、相手側が賠償金の請求をしてこない限り、支払う側からあえて支払う必要はないということになります。このようなことから、もし、夫が浮気をして離婚に至ったとしても、あなたが慰謝料を請求してこなければ夫側は慰謝料を払う必要なくなってしまいます。

 

ですので、離婚イコール慰謝料という勝手なイメージを持たずに慰謝料を請求することを忘れないようにしなければいけません。そこで気になるのが、慰謝料の金額です。浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の一般的な相場としては、ほとんどの場合が100万円から500万円程度を請求することが多く、一般平均としては300万円前後の金額ということです

 

中には、浮気をした夫だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求するケースということもあります。夫との話し合いにより金額を決定できれば良いのですが、話がこじれてしまうと裁判所などで話し合うことになるので、ある程度覚悟しておかなければいけません。

 

その際の相場は決められてはいませんが、慰謝料を支払う夫の財力がどれくらいあるのかが問われてきます。一般的には社会的地位や年齢、浮気の回数や年月などを総合的に判断して支払わなければいけない慰謝料が決定されることになっています。